手すりの取り付け

  • DIY編
  • 暮らし編
  • ペット編

手すりの取り付け暮らし編の一覧はこちら

手すりの取り付け
手すりを取り付ける時のちょうどいい高さは?
廊下や階段の手すりは床から70~80cm程度の高さを
目安にすると良いでしょう。

豆知識 ~壁の種類と相性の良いねじ・ビス~

壁の種類と主な使用場所 モルタル・コンクリート(室内・外)
壁の特徴 外壁などに使用される壁材。
ねじ・ビスで直接取り付けできません。
相性の良いねじ・ビスとその特徴
樹脂製プラグ
コンクリート・モルタル・タイル・ブロックなどに使えます。
穴の大きさや長さを自由に選べるので浅いところにも対応できます。
壁の種類と主な使用場所 プリント合板(室内)
壁の特徴 木目などがプリントしてある合板。
木ねじで直接取り付けができる壁材です。
相性の良いねじ・ビスとその特徴
中空用アンカー
ねじや釘の使えない中空構造の壁や天井に向いています。
照明器具・ウォールキャビネット・ドアチェックなどの取り付けに。
壁の種類と主な使用場所 石膏ボード(室内)
壁の特徴 最近の住宅などに多い建材。
普通の木ねじだとすぐ抜け落ちてしまいます。
主に壁材・天井材に使用されています。
相性の良いねじ・ビスとその特徴
グラバー
石膏ボード・薄べニヤ・化粧合板・薄鉄板・セラミックボードなどにねじを取り付けるのに向いています。
※必ず横向きでお使いください。
相性の良いねじ・ビスとその特徴
カベロック
ドライバー1本あれば石膏ボードに取り付けでき、軽量物の固定に最適です。
ねじを締めるとアームグリッパーが飛び出して強く食い付き、取り外しの際のねじとカベロックの共回りを防ぎます。

コンクリートの壁に 手すりを付けるには?

 

準備 ~柱の探し方~

壁にフックや手すりを取り付ける場合は、壁の内側の柱がどのあたりにあるかを事前に調べ、確実にその上に取り付けましょう。空洞部分に取り付けたい時は、特殊な部品やノウハウが必要です。

  • ◎「壁内センサー」で位置をキャッチ
    音と光で柱の位置をキャッチできるのが壁内センサー。インテリアや日曜大工にこだわる方におすすめです。

  • ◎「下地探し」の手応えでキャッチ
    先端に付いた針を壁に垂直に差し込んで、手応えがあれば裏側に柱があり、なければ何もなし。 わかりやすくコンパクトな道具です。

  • ◎叩いて音で確認
    詰まった音がするのは柱がある桟の部分。それに対して、ごく普通の音がするのは空洞部分です。

 

手すりの取り付け位置

  • 廊下

  • 階段
    歩行時に 手を添えて 握るように 使用します。

  • トイレ
    立ち上がる時に 握って使用します。

 
 

手すりは柱に取り付ける

石膏ボードや合板の壁は、イラストのような構造になっています。そこで手すりを取り付ける時は、45cmごとにある柱に確実にねじや釘を打っていくことが必要です。

柱のない場所に手すりを取り付けたい時

補強用の木板を柱にしっかり取り付けて、 その上から手すりを取り付けます。

下穴の 開け方

壁にねじやビスを取り付けるには、電動ドリルで下穴を開けておく必要があります。 ドリルは大きく分けて2種類ありますので、 壁の種類に合うものを使いましょう。

 
印刷用のPDFはこちら PDF:b020.pdf(1.56MB)
AdobeReader

※「快適生活ガイド」は、pdfファイルにてご提供しています。
  文字が見えにくい場合は、画面表示を拡大してご覧下さい。