11

ROSE&HERBブログ

<<前へ
rss

カラーサンドでつくるミニ観葉

投稿日時:2017/08/11(金) 14:21

ご来店ありがとうございます

ミニ観葉植物をセラミスとレインボーサンドを使用して植えこみます。
涼しげなハイドロカルチャーの出来上がりです。
お子様でも簡単にできますよ。


mihonn%20.jpg
※出来上がりは高さ約20cm程度になります。

私たちと一緒に作ってみませんか。
9月3日(日) 
①午前の部 10:30~ 10名。
②午後の部 14:00~ 10名。
ローゼンハーブにて開催します。
※先着順です。
※参加費 500円(税込み)
※受け付けは当日随時承ります。

%E5%91%8A%E7%9F%A5.jpg

ご来店ありがとうございます。


 

台風シーズンのバラは殺菌が重要

投稿日時:2017/08/04(金) 17:13

ご来店ありがとうございます。

秋バラをうまく咲かせられない、というお話をお店でよくお聞きします。
私たちも学者ではないので、この上尾の地で毎年悩みながら管理してきた経験を
お役に立てばと思いお話しさせていただきます。

これから秋バラの開花の10月までで一番厄介なのが黒星病かと。
皆さんのところでも梅雨時に発生した黒星病がいま落ち着いてきているのではないでしょうか。
気温が上昇したので胞子の発芽温度を超えたからなんですよね。
次回のタイミングが9月中旬ころから10月です。
この時が秋バラ開花のタイミングなんです。
なので予防をしっかりやらないと、
黒星病がドバーって出て、葉がバサーって落ちて、咲きませんでした。になってしまいます。
※ホソオビアシブトクチバの発生もかぶります。

殺菌剤を散布すればすぐ効くから発生してからで大丈夫と思っている方は間違いです。
下記②の薬剤が葉に浸透して効果が出るには時間がかかります。

私たちが使用している代表的な殺菌剤です。
①予防殺菌剤…ダコニール1000(植物を覆って病原体を退治)
②治療殺菌剤…ベンレート、サプロール、マイローズ殺菌スプレー(薬剤の成分が葉の中に浸透しすでに侵入した病原体まで退治)。植物を治癒する効果はありません。
③殺虫殺菌剤…サンヨール、ベニカXファインスプレー。
20170804_170014.jpg
20170804_170603.jpg

黒星病に困ったらサプロール!みたいなところがありますが、サプロールとベンレートは続けて散布すると
耐性菌を作ってしまい効かなくなるらしいので、ダコニールやサンヨールを間にかましています。
この時期は、散布してもすぐには効かないので長くて2週間、短ければ1週間で、年間使用回数を確認しながら散布しています。
続けて使用しないためにも、薬の種類(系統)を調べてなるべく連続しないようにしています。

バラの登録が取れている薬を、年間使用回数を確認しながら(使用基準)、早め早めに、系統を変えて、
散布することが大切ではないでしょうか。

20170804_170647.jpg20170804_170708.jpg

経験上でのお話をさせていただきました。
ネットで調べると薬剤メーカー様やブログ等で色々でていますので参考にしてはいかがでしょうか。
よくブログなどで、「バラの登録はないが効果バツグン・・・」等の文章をみますが、
農薬取締法の違反になる恐れがありますので使用基準はよく確認して下さい。

ご来店ありがとうございます
 

グランドカバー

投稿日時:2017/08/04(金) 16:11

本日のご来店ありがとうございます。

お庭の草花を引き立たせる下草のご紹介です。


「アジュガ」
耐寒性が強いです。
這うように広がります。
花期4~5月

%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%AC.jpg

「初雪カズラ」
常緑つる性低木
新芽の時は赤みの強い淡いピンクで徐々に白くなります。

%E5%88%9D%E9%9B%AA%E3%82%AB%E3%82%BA%E3%83%A9.jpg

「黄金カズラ」
常緑つる性低木
新芽は少しくすんだオレンジ色に。

%E9%BB%84%E9%87%91%E3%82%AB%E3%82%BA%E3%83%A9.jpg

「姫イワダレソウ」
冬は地上部はなくなりますが、雑草を覆い尽くすくらいの繁殖力。あっという間に広がるので他のお花のことを
考えてから植えましょう。

%E5%A7%AB%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%83%80%E3%83%AC%E3%82%BD%E3%82%A6.jpg
あっという間に広がりました。


ご来店ありがとうございます。

バラ開花状況&害虫

投稿日時:2017/07/09(日) 12:55

ご来店ありがとうございます。

4日の降雨のあとは高温の日が続き
植物も人間も辛い季節になってきました。

5月の開花後切り戻しと施肥をしたブランドバラが開花し始めました。
黒点も何とか最小限に抑えいよいよという時に必ず現れる害虫ホソオビアシブトクチバが
今年も発生し始めました。これから10月まで発生するので油断できません。
つぼみに穴を開けたり新芽をちぎったりと。
昼間は見つけづらく、小さいうちは穴の中にいるのか日中の殺虫剤散布ではまったく死なない厄介な奴です。
昨日は油断して穴に頭を突っ込んでいる夜に散布しました。
たまに夜間に散布すると効果抜群です。

201707091306_1-300x0.jpg
201707091306_2-300x0.jpg201707091306_3-300x0.jpg

201707091306_4-300x0.jpg201707091306_5-300x0.jpg

201707091306_6-300x0.jpg

本日のご来店ありがとうございます。

商品紹介

投稿日時:2017/06/28(水) 12:41

ご来店ありがとうございます。

やっと梅雨らしくなりましたね。
体にカビが生えそうなくらいの湿度で気持ちが悪くなります。
皆様もガーデニングは無理せず休みながら楽しまれてください。

今日の雨の中葉色が美しい「斑入り」の木に「きれいだな~」と思い
皆様にご紹介します。
いずれも在庫限りになります。ご了承をお願いします。

左)斑入りグミ ギルドエッジ
  常緑低木 1~2m
右)斑入りシマトネリコ
  常緑高木
201706281307_1-300x0.jpg201706281307_2-300x0.jpg

左)ネグントカエデ
  落葉高木 2~5m 新芽のピンク色がきれいです。
右)ハクロニシキ(スタンダード仕立て)
  落葉樹 ※スタンダード仕立てになっていますので樹高はあまり変化しません。
  新芽のピンク色から真っ白へと変化し、7月に入ると緑色へと変化します。
201706281307_3.jpg201706281307_4.jpg

左)斑入りサカキ
  常緑高木 半日陰か日陰に
右)斑入りマサキ
  常緑高木 日向から半日陰 道路脇や潮風にも耐える便利な垣根材です。
201706281307_5.jpg201706281307_6.jpg

左)斑入りヤマボウシ
  落葉高木 葉が美しくシンボルツリーに
右)斑入り紫式部
  落葉低木 2m 白い部分が秋にはピンク色になります。
201706281307_7.jpg201706281307_8.jpg

斑入りの葉の美しい木をご紹介しましたが、在庫限りで次回入荷予定のないものばかりです。
是非葉色の美しい今見ていただきたいと思います。

本日のご来店ありがとうございます。
«前へ

<< 2017年8月 >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31