引っ越し準備のアドバイス

  • DIY編
  • 暮らし編
  • ペット編

引っ越し準備のアドバイス暮らし編の一覧はこちら

引っ越し準備のアドバイス
何から準備すればいいの?
荷造りをはじめさまざまな手続きなどもあります。
計画的に進めましょう。

荷造り作業に便利な材料・道具

  • 押し入れシート
    キャビネットシート
  • エアーマット
  • ポリ袋
  • 段ボール類
  • 毛布・カーテン・シーツ類
    (いずれも古い不要品)
  • ビニールひも
  • カッター・鋏・油性フェルトペン
    ドライバー
  • 布団袋
  • ビニタイ
  • 布製ガムテープ
  • 新聞紙・ぼろ布
  • 軍手
 

STEP.1 ~荷造り~

引っ越し準備の中で最も時間と手間がかかるのが荷造りです。
引っ越し手続きや身のまわりの片付け同様、スケジュール表を作成して計画的に行いましょう。

カッター・切り出し小刀

 

STEP.2 ~荷造りの手順~

1 早めに荷造り用品を準備しましょう。
荷造りをするのは小物類ですから、あまり大きな段ボールに詰めると、重くて運ぶのが大変です。みかん箱ぐらいのものが手頃で、一番使いやすい大きさでしょう。
2 荷造りは荷解きをした後の片付けを考えて。
現在生活している状態をそのまま移動すれば、転居先での片付けもあれこれ迷わないで済むので、したがって荷造りは用途で分けるよりも保管場所で分けた方がより効率的です。保管場所が食器棚であれば“食器棚上2段”“食器棚引き出し”という具合に分けて箱に詰めれば、荷解きをしてそのまま収納できます。
3 荷物リストを作成
荷造りができた箱の内容及び部屋記号を記入し、それを元にリストを作成します。
このリストと間取り図を業者に渡せば、搬入指示ができると同時に、荷物受け取り時のチェックリストとしても使えます。

カッター・切り出し小刀

 

豆知識 ~引っ越し前に知っておきたいマメ知識~

1 カッター・切り出し小刀 不要品は早めに処理する
ソファやたんすなどの粗大ごみは自治体によって対応がまちまちですので、早めに連絡して確認しておきましょう。
「家電リサイクル法」により、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機の4品目は購入したお店に引き取りを依頼し(有料)処分することが義務付けられています。
※4品目以外の家電製品は自治体で処分できます。
※古くて買ったお店がわからない時には、最寄りの自治体に相談してください。
2 カッター・切り出し小刀 すぐに使うものはひとまとめに
引っ越し先ですぐに必要になるやかん・湯飲み茶碗などの食器類、お茶・栓抜き・お盆などはひとまとめにしておくと便利です。
ドライバーやカッターナイフなどの工具類も同じようにまとめて、引っ越し先ですぐに出せるようにしておくと便利です。
3 荷造りは「普段使わないもの」
「奥の部屋」から開始
荷造りした段ボール箱で出入口をふさいで、作業しにくい状況にしないために、荷造りのコツは「奥の部屋から」「使わないものから」が基本となります。
 

スケジュール作成例

カッター・切り出し小刀

こんな手続きも忘れないで!!

カッター・切り出し小刀 (1)郵便物の転送
忘れてしまいやすいのがこの手続きです。最寄りの郵便局に行けば、転居用のハガキがあります。記入・押印して投函すれば、新居へ郵便物を1年間転送してもらえます。

 

カッター・切り出し小刀 (2)犬・猫の登録
登録をした保健所への手続きは必要ありません。引っ越し先の保健所へ鑑札と狂犬病予防注射済証・印鑑を持って登録してください。
家族の一員であるペットの住民票のようなものです。忘れずに登録をしましょう。

 

カッター・切り出し小刀 (3)パスポート
住所変更だけなら手続きの必要はありませんが、名前や本籍が変わった場合は旅券事務所で変更または新規作成の手続きが必要です。

 

カッター・切り出し小刀 (4)パソコン・インターネット
パソコンソフトのユーザー登録の住所変更などをしておかないと、バージョンアップなどのサービスが受けられなくなります。
インターネットのプロバイダー契約もアクセスポイントなどの変更も手続きしておかないと使えません。

 
 
印刷用のPDFはこちら PDF:b006.pdf(2.32MB)
AdobeReader

※「快適生活ガイド」は、pdfファイルにてご提供しています。
  文字が見えにくい場合は、画面表示を拡大してご覧下さい。