塗装-4

  • DIY編
  • 暮らし編
  • ペット編

塗装-4DIY編の一覧はこちら

塗装-4
どんなことに注意すればいいの?
まずカビ退治から始めましょう。

作業を始める前のチェックポイント

塗装をきれいに仕上げるには、塗る前の下地調整がポイント。下地に汚れや凸凹があると、仕上がり具合はもちろん、耐久性にも悪影響が出てきます。浴室の場合、特にカビには注意が必要です。カビとり剤を使うので、手袋やマスクなど服装にも気を付け、通気を良くしてから作業しましょう。

専門家からひと言アドバイス

■塗装は浴室用の表示のあるものを選びます。

古い塗膜がはがれている、水を吸収してしまう、サンドペーパーがかけられない、などの状態の壁に塗装する場合には、浴室用塗料を塗る前に下塗りシーラー使いましょう。シーラーは壁を固めて、塗料を密着しやすくするので、壁の状態が悪くても、はがれなどの失敗がありません。シーラーはマスキングしてから塗り、完全に乾いてから塗料を塗ります。

準備するもの

下地調整

浴室壁塗装の手順

STEP1 下地調整 下地調整 塗装にかかる前に、下地の汚れやカビを落とします。
まず窓を開けて通気を良くします。目立つカビをカビとり剤でとった後、住宅用洗剤で全体の汚れをとります。2つの洗剤が混ざらないように注意して、塗装面の下地を調整。十分に乾燥させます。
STEP2 補修&除去 補修&除去 壁のヒビ割れや穴を補修し、古い塗料をしっかり落とします。
ヒビ割れや穴には「塗装用パテ」をヘラなどで埋め、乾燥後サンドペーパーで平らにします。はがれかけの古い塗膜は、スクレーパーなどでできるだけとりましょう。また全体にサンドペーパーを軽くかけると塗料の乗りが良くなります。
STEP3 マスキング マスキング 塗らない部分にマスキングをします。
窓枠やタイル部分など、塗装しないところにマスキングテープ・新聞紙・ビニールなどを貼ります。天井と壁の境目もマスキングテープでカバー。
STEP4 先塗り 先塗り 塗料をよく混ぜ、細かいところやすみを先に塗っていきます。
塗料のふたを開けたら、まず割り箸や棒でよく混ぜます。次に筋かい刷毛を使い、窓枠や換気扇まわりなど、塗りにくい部分やコーナーからスタートします。
STEP5 全体塗り 全体塗り 全体を塗ります。
広い面はコテ刷毛やローラー刷毛を使って塗っていきます。コテ刷毛は上から下に、右利きなら左から右に一方方向に塗るのがコツ。天井や高い壁は、長い柄のコテ刷毛を使うと簡単に塗れます。全て塗り終えたら、塗料を十分に乾燥させましょう。

刷毛の種類

  • 筋かい刷毛

    ●筋かい刷毛
    コーナーやすみの部分など、コテ刷毛やローラー刷毛では塗れない狭いところに使います。 刷毛の半分ほどに塗料を含ませ、余分な塗料をしごいてから塗ります。

  • コテ刷毛

    ●コテ刷毛
    凸凹のない合板壁やしっくい壁に最適。初心者でも刷毛目もなく、スピーディに塗ることができます。またローラー刷毛より塗料が少なくて済みます。

  • ローラー刷毛

    ●ローラー刷毛
    平らな壁はもちろん、凸凹のある壁も簡単にムラなく塗れるのが特長です。水性・油性のどちらにも使えますが、ラッカーには使えません。

塗装する日は天気の良い日を選びましょう。
塗料は低温と湿気が大の苦手。温度が低いとはがれやすく、湿度が高いと乾きにくくなります。塗装する日は、空気の乾燥した、晴天で風のない日を選びましょう。

塗装する日は天気の良い日を選びましょう。
 

すのこの保護

腐りやすい浴室のすのこは、床用ニスを塗ると、木目の美しさはそのままに腐食を防ぐことができます。塗装作業は簡単。床用ニスに薄め液を10%ほど入れたものを、しみ込ませるように塗り、完全に乾燥させてからもう一度塗れば完成です。ただしニスを塗ると、せっかくの木の感触は失われてしまいます。気になるようなら、表面に塗膜をつくらず防水できる浸透性防水剤を使うと良いでしょう。

  • 木口は特によく吸い込むので、刷毛で叩くようにしてしみ込ませます。

  • 浴室の入り口などの木部にも、同じように塗っておくと安心です。

印刷用のPDFはこちら PDF:a020.pdf(1.68MB)
AdobeReader

※「快適生活ガイド」は、pdfファイルにてご提供しています。
  文字が見えにくい場合は、画面表示を拡大してご覧下さい。