愛猫の食事

  • DIY編
  • 暮らし編
  • ペット編

愛猫の食事ペット編の一覧はこちら

便利なキャットフード

キャットフードは多種多様です。中でもドライタイプは保存性に富み、栄養のバランスがとれた完全食です。便利で経済的なことから、幅広く活用されています。

キャットフードの種類と特徴
種  類 特徴 長所・短所
ドライタイプ

 

水分10%以下の固形タイプで、成分は穀物が中心。 保存性があり値段も手頃で経済的。栄養バランスがとれた完全食。
セミモイスト
タイプ
水分は25~35%前後、やわらかいタイプで成分は魚中心。 やわらかいので、幼猫の離乳食向き。ドライよりも栄養価が低く、保存はできません。
ウェット
タイプ
水分75%前後、肉をペースト状にしたものや魚をフレークにしたものが主流。 嗜好性は最高ですが、保存はできません。
スナック類 ご褒美やおやつ時に与えることを目的としたフードです。 主食に代わるものではないので、あくまで間食用として与えてください。ビタミンやカルシウムなどの栄養補助を目的としたものも市販されています。
開封後は、水分の多いものは冷蔵庫で保存した方が良いでしょう。
離乳食 離乳期の子猫用のフードです。乳製品が多く使われ、その他粉末穀物・カルシウム・動物性タンパク質など成長期に必要な栄養成分が調合されています。 少ない量で高カロリーを得ることができます。普段よりも栄養が必要な出産前後の母猫に与えるのも良いでしょう。
子猫用フード ドライ・ウェットなどさまざまなタイプのものがあり、栄養成分が成長期に合わせてあります。  
中高齢猫用
フード
年をとって運動不足になった中高齢猫の体に合わせ、消化吸収が良く、低脂肪・低カロリーにつくられています。体内で老化が始まる7歳を過ぎたころから与えると良いでしょう。  
肥満用
フード
肥満になってしまった猫のカロリーコントロール用に与えるフードです。  
与える時の注意

(1)キャットフードの特徴をよく知りましょう。
(2)猫が好むフードばかり与えると、栄養が偏ってしまいます。 (3)必ず新鮮な水を与えましょう。

フード購入時のチェックポイント

(1)賞味期限・製造年月日をチェック。
 必ず賞味期限・製造年月日をチェックしましょう。
(2)ラベルのチェック
ラベルや包装にきちんと成分の表示があるものを選んでください。粗タンパク質・粗脂肪・粗灰分及び水分が何%含まれているかが表示されています。

 

子猫のタイムテーブル

生後6週まで 授乳期、母乳または猫用ミルク
6~10週 離乳食
11~20週 1日3回、子猫用のキャットフードをなるべくドライのまま与えてください。
21~50週 1日2回、子猫用のキャットフードを決められた時間に与えてください。

※このタイムテーブルは、あくまでも目安としてください。

 

子猫の食事(1歳未満)

子猫は、生後1年で成猫となります。そのために成猫よりも栄養分が多く必要です。
栄養不足になると、しっかりとした骨格・筋肉の形成が行えなくなるので、子猫の食事には子猫専用のキャットフードを与えることをおすすめします。

 

成猫の食事(1歳以上)

成猫には、一般的なキャットフードを与えてください。
味付けの濃いものは与えないようにしてください。
一度味の濃いものを覚えると、ほかのものは食べなくなってしまいます。
また、肥満猫については、カロリーが少なく食物繊維を多く含んだキャットフードを与えてください。
尿結石などの泌尿器系の病気が気になる時は、成分表のマグネシウムの含有量をチェックしてください。
(目安としては、マグネシウム含有率0.1%以下)

 

猫の体に必要な主栄養素

タンパク質 体の組織や血液をつくる元になったり、各機能を安定的に動かす役割を担います。
脂肪 エネルギー源として高カロリーというだけでなく、補酵素や生体の微量成分の材料として重要な働きをしています。
リン カルシウムとともにバランス良く与える必要があります。
カルシウム 丈夫な歯や骨格をつくる大切な栄養素で、発育の盛んな幼猫や子猫、妊娠中の猫には特に欠かせない成分です。
鉄分 赤血球を体内でつくるために必要です。鉄が欠乏すると貧血を起こし、虚弱や疲労感などの症状が現れます。
ビタミンA 目を保護する働きを初め、体内でさまざまな機能に関わってきます。
ビタミンB1 体調維持に必要で猫は特にビタミンB1の要求量が高めです。体内に蓄積されないので、毎日とる必要があります。
ビタミンC 皮膚・毛・歯茎の健康に欠かせないものですが、猫は体内でビタミンCを合成できるので、あえて与える必要はありません。
ビタミンE 骨格と筋肉の成長を助け、体内の血行を良くします。
 

豆知識 ~猫と人間の年齢比~

猫の年齢 人間の年齢
1カ月 1歳
2カ月 3歳
3カ月 5歳
6カ月 10歳
12カ月 20歳
18カ月 24歳
2年 28歳
3年1カ月 32歳
猫の年齢 人間の年齢
4年 36歳
5年 40歳
6年 44歳
7年 48歳
8年 52歳
9年 56歳
10年 60歳
15年 80歳
 

猫と人間の1日に必要な栄養素

栄養素の欠乏症

栄養素が不足するといろいろな欠乏症が発生して、猫の健康を損なうことがあります。

タンパク質 成長不良・乳汁不足・病気への抵抗力低下など
脂肪 エネルギー源不足によりやせる・毛ヅヤが悪くなる・皮膚炎など
ビタミンA 眼病・発育不良・抵抗力低下など
ビタミンD クル病・骨軟症など
ビタミンE 繁殖障害など
チアミン
(ビタミンB1)
体重減少・けいれん・反射異常など
リポフラビン
(ビタミンB2)
体温低下・心機能不全・食欲減退など
ナイアシン 下痢・貧血
ビタミンB6 貧血・神経障害など
ビタミンB12 発育不良・貧血など
カルシウム クル病・骨軟症など
リン クル病・骨軟症など
貧血・成長不振
貧血・成長不振
 

猫に食べさせてはいけないもの

◎鶏の骨
猫の口に入った鶏の肉は、鋭く尖った形に裂けてしまい、口の中や喉を傷付ける恐れがあります。

◎イカ・タコ・貝
生のままでは消化不良で下痢などを起こすことがあります。

◎玉ねぎ
玉ねぎは猫の血中ヘモグロビンを壊し、赤血球を溶かすので貧血を起こしてしまいます。

◎牛乳
猫によってはお腹を壊してしまいます。

◎その他
新鮮な刺し身でない限り、生ものにはできるだけ火を通してから与えましょう。

あげてはいけないもの

同じ食材を使っていても、人間の食事と猫の食事は、根本的に全く異なるものと考えましょう。

 
印刷用のPDFはこちら PDF:c007.pdf(2.19MB)
AdobeReader

※「快適生活ガイド」は、pdfファイルにてご提供しています。
  文字が見えにくい場合は、画面表示を拡大してご覧下さい。